登り下り

14日、家にこもって買取品の査定。上井草地区の補充に行こうかとも考えたものの断念。週一の補充は一週飛ばさせてもらう。半日かけて査定を終わらせる。その後、中央市出品用と南部フリ市出品用の荷づくり。

15日、朝から車を借り、南部支部フリ市出品の荷物を積む。まず吉祥寺に寄って私事の買い物など諸事、のち神田へ。中央市への出品手続きと買上品の引き取り。それから五反田へまわり、フリ市出品用の荷物を出品手続き。帰宅して週末の準備を深夜まで。

16日、午後起きて買取品の査定結果の通知と振込作業をする。夜、出発。

17日、未明に新潟に着き、仮眠して日の出とともに始動。火打山登山。一ヶ月以上前から富士山に登るつもりで計画していたのが数十年に一度の台風がぴたりぶつかったので急遽回避した。この二週間ほどは登山道具を見て回り買い集めることが最優先事項だった。どうにか実現できた。

山頂の手前までは登山道の両脇に低木が茂り、それが防風林の役目を果たすのか穏やかで暖かいくらいだったのに、山頂に一歩踏み入った途端に吹きさらしになって暴風雨で2分と滞在できなかった。5時間かけて登り頂上に1分いて3時間半かけて下りた。


最新記事
アーカイブ
  • Twitter Basic Square

Copyright © 2016 一角文庫 All Rights Reserved.