8月総括

28日、中央市。井草ワニ園さんで増やしていきたい均一用新書の口など落札する。

29日、洋書会。注文を受けているディスプレイ洋書用の口、2点買う。このところ洋書の仕入れがうまくいっていなかったのが、大量に買えてひと安心。18世紀頃のものを含む古い洋書が何点か出ていて、そのうちで傷みが激しいもの、綴じがほつれて本の体をなしていないもの、などをまとめて山にした口に惹かれ入札するも競り負ける。かなり汚くほとんど完全にバラバラになっているような本も多かったが、よく調べればおもしろそうなものばかりだった。結果確定後、未練がましく落札額の書かれた札を見ていたら落札された先輩が「仕分けた残りでよかったらあげるよ」と一部譲ってくださる。思いがけない幸いに、慇懃にお礼してしかし遠慮することなくいただく。仕分けられたあとの残りとはいえ、入札時に気になっていた図版入りのページなども含まれていてとてもありがたかった。その後資料会の方々が明日の出品物の仕分け作業をなさっていたので参加する。

30日、資料会。絵本、図鑑、文庫。井草ワニ園さん真向きの落札。なかなかうまく買えた会。明日明後日の予定づくりに悩む。週末に休日をつくるために仕事を詰め込む。

31日、車で神田へ行き、昨日までの買上品を引き取る。夜まで買上品の仕分け作業をする。

8月は7月の仕入れ低調から回復、前々月までの平均並みの仕入れとなった。仕入れ値は平均並みだが、仕入れ量は平月より少なかったと思う。安い大口より高くても良いものを少数、という入札姿勢が実を結んでいるかもしれない。一方で売上はキツかった。催事、イベントの収入が一切なしだと売上がまだ不安。月末に高い商品が売れたために帳簿上の見た目は横ばいだが、危機感は強い。

日本代表戦を見るためにテレビを導入。テレビのある生活は8年ぶりくらい。機能が多い。来年はすべてのライオンズ戦を見られるようにしたい。代表戦は最高だった。


最新記事
アーカイブ