偶然

21日、上井草へ。SLOPEさんの古本棚「さかみち書店」補充。楽市の準備などで一週飛ばしてしまったので二週間ぶり。庄野潤三『ガンビア滞在記』、田中小実昌『自動巻時計の一日(旧装文庫版)』、鈴木一誌『画面の誕生』、高野文子『ドミトリーともきんす』など。好評で減っていたクウネルのバックナンバーと300円までの均一絵本も増やす。のち、神田へ。明治古典会。一点買う。高円寺へ行き「本の楽市」の棚に若干補充。神田へとんぼ返りし、買上品引き取る。

22日、昼、三鷹でディスプレイ洋書の納品。大量の発注を受けて細切れに納品しているが、まだまだ足りないとのこと。定期的に納めることで都度一定の売上ができるので助かる。安定した取引先様。午後、井草ワニ園さん補充。ワニ園店内に店主さん(古物商)が独自に仕入れて並べている絵本が圧倒的な冊数になっている。写真付きでツイートしてみると反応良好。専業古本屋顔負けで、近辺にこれほどの絵本を揃える古本屋はないか、あってもごく少ないだろう。絵本だけでお客様を呼べる在庫量だと思う。店主さんの努力が集客の起爆剤になるといいのだけれど。夜、高校時代の同級生と大泉学園で飲む。地元(群馬)の話をしていたら偶然にも群馬に所縁があるという両隣の客に次々話しかけられて知らない大人と盛り上がる。困惑する展開。

23日、ぼんやり過ごす。最近では飲んだ次の日に仕事を詰め込むような無謀はやめた。かならずや失敗に終わる。普段休日を設けていない分、飲んだ次の日は休日扱い。そうすることに決めた。夕方、東久留米在住のコーヒー屋Sさん来訪。彼女さんと落合川沿いをランニングしている(このランニングコースが私のコースとたまたまかぶっているということも、おかっぱちゃんハウスで初めて会ったときに盛り上がった話題のひとつだった)途中、二人で訊ねてきてくださったとのこと。銭湯に行こうと誘われて、たいへんな偶然に今日まさに行こうと思って東久留米の銭湯について調べていたところだったので、おすすめの場所に一緒に行く。サウナ3ラウンド。それから3人で中華屋で飲む。

井草ワニ園さんにおける絵本の展開(の一部)。


最新記事
アーカイブ
  • Twitter Basic Square

Copyright © 2016 一角文庫 All Rights Reserved.