夏の楽市

15日、来月参加予定の「本の楽市」のDMが届く。年2回、高円寺の劇場「座・高円寺」のロビーで行われる古本と雑貨のマーケット。新進古書店と気鋭の雑貨屋が集まる。矢も盾もたまらずツイッターで開催予定をつぶやく。7月15日より開催。ということはちょうど一ヶ月のち。こんな先走った告知に効力があるものだろうか。

16日、明治古典会でボウズ。

17日、諸作業し、友人宅へ。すき焼き。手土産にした「魚久」の塩辛とホタテ、道すがらほかの用事のついでになんとなく買ったが、べらぼうな美味に驚く。朝まで飲む。レモンサワー。

楽市の開催をいつも待ち遠しく思っている。特に夏回は、期間中劇場で海外アーティストを招いた子供向けの演劇フェスが行われていることもあり、夏の日差し差し込む冷房の効いた館内は子連れ客でにぎわう。夏休みといった感じの、そういう光景はなんだかなつかしい。


最新記事
アーカイブ