ナイト・ゲーム

ヤフオクの出品作業など諸事済ませ家を出る。

18時神宮球場。ヤクルト×広島戦。大学時代の友人と3人で。週初めから心配していた雨予報はすこしずつ先へ延び、結局明日から降ることになったようだ。神宮での観戦は4、5回目だが一塁側内野席は初。菊池の守備位置に近く期待が高まる。ベテラン左腕石川の好投でヤクルトが勝利を納めた。広島の先発ルーキー加藤もよく投げていた。菊池の守備機会が少なかったのは残念だったが、広島の応援を体感しただけでも存分に価値があったように思う。九回ツーアウト、ホームランが出れば同点の場面でこの日ホームランを一本、ポール際への大飛球ファールを一本放っている鈴木誠也が打席に立った時のレフトスタンドからの大声援はビジターとは思えず、人間の声とも思えぬ迫力であった。あそこでホームランを打ったりしたらまさに神ってたが、今日は神ってなかった。でも本当にそんなことがあるんじゃないかと思わせるような昨今のカープなのである。

球場の生観戦は楽しい。テレビ観戦では決まったカット割りでアウトカウントや在塁状況も一目瞭然であり、そのうえ実況と解説が情報を補完してくれるので試合の流れに集中することはたやすいが、球場ではどこをどう見ていいのか分からずいつも混乱する。それに友人との会話や売り子を探して呼んだり飲食することだっておろそかにはできないので、流れなんてものはなく、一打席一打席、一球一球、ぼんやりと見ているばかりで結局なにがなにやらわからないうちに試合が終わってしまう。

それでも生観戦は楽しい。


最新記事
アーカイブ