ぼうず

独立して初めての明治古典会。会員の方々にご挨拶のち入札。買えない。独立前から明古は買えないイメージ。数ある市場のなか、特に上等なものが並ぶ明古で途端に落札率が落ちるのは、ある程度まではしかたないにしても、やはり自分の力量が一定のところに留まっているということだろう。

帰り、吉祥寺まわりでバスに乗り、トマソン社さんの実店舗「松田書店」へ。開店のお祝い。長話をする。店売りはわからないことだらけで、とおっしゃりながらトマソン社社主さんは楽しそうであった。買取の話を聞く。かなり多いと思う。基本的に依頼されたら断らないため、と言うけれどそれにしても多い。宣伝努力のたまものであるのは間違いない。すばらしいな。ジョージ秋山『ザ・ムーン(小学館文庫)』を買う。

帰ってヤフオク落札品の梱包、落札者への連絡。その他業務連絡など。

あれこれ重なって日曜日のスケジュールがきつそうなので、いまできるかぎりの準備をしておく。

松田書店近く、末期の社会主義国家のスーパーもかくやあらんといった様相の陳列棚になにも陳列していないお店(コンビニ大)があって、なのに蛍光灯は煌々と灯され、しかもレジには小学生が群がっていた。夢のよう。


最新記事
アーカイブ
  • Twitter Basic Square

Copyright © 2016 一角文庫 All Rights Reserved.