神秘的

昨晩。就寝前にカーテンの隙間が明るい。なにかと思ったら月光。見上げれば超月。

おそく起きて上井草SLOPEにさかみち書店の補充へ。おとといの中央市で仕入れた絵本を中心に入替。レオ=レオニやバートン、センダック、ぐりとぐら、こぐまちゃんなど人気どころが多いわりに安く落札できたのはカバーがない本が多かったせいだろう。市場ではきれいなカバー付きがよろこばれる。僕は絵本をレコード屋のレコードのように表紙を見せて並べる。絵本の場合は棚に背文字が並んでいるよりも絵柄が見えた方が購買意欲をそそるように思えるから。ただ、そうやって陳列するとお客さんが絵本を繰るうちにカバーは傷んでしまう。入荷直後のカバーのきれいな本としばらく棚に並んでいて傷んだ本、値段は同じままでいいのかという売り手側の良心の葛藤、また商品を傷めてしまった場合のお客さんのうしろめたさ、などの問題も起こる。それならもとからカバーがない方がよい。というのが僕なりの結論。売るときにはカバーのないぶん少し安く値付けして値ごろ感を演出することができるし、子育て中のご両親にとっては「壊してはいけない」「乱暴に扱ってはいけない」などの制約なくこどもに与えることができるという利点もあるのではないだろうか。

帰宅すると17時を回っている。起きるのがおそすぎた。帰ってからは値札付けの続きと創業セミナーの宿題。

SLOPEからのつながりで出張販売のご相談1件。実現するかはまだわからないがとてもありがたい。ご紹介いただいたIさんに多謝。

カーシェア会社から「これでできる!駐車の簡単4ステップ!」なるメール届く。よほどぶつけられたのだろう。

19:44姪っ子産まれるとの一報。当家初孫。特別な気分。味わったことのない気分を肴に独り祝杯。リキュール(発泡性)。ラインの家族グループがラッシュ。


最新記事
アーカイブ